au光やNURO光などに乗り換えなどの理由で、フレッツ光を解約する必要がでてくることがあると思います。

 

フレッツ光を申し込む時は、キャンペーンを利用して、高額キャッシュバックや、豪華賞品を貰ってお得にはじめることができますよね、しかし、解約にはキャンペーンなんてないと思います。

 

申し込む時に、キャンペーンを利用してお得にはじめても、解約するときに違約金などを払ってしまうと、せっかくキャンペーンで貰った特典が、無駄になってしまいます。

 

では、どうすれば損をせずに解約できるのでしょうか。

 

それは、解約する、タイミングと手順が重要になります。

 

解約する際に発生する費用です。

 

例えば、違約金が発生しないタイミングで解約するのも、重要になります。

 

解約時に発生する費用

 

違約金

 

(1)にねん割の違約金
2年契約のため、更新月以外に解約をしてしまうと違約金がかかってしまいます。

 

戸建タイプ:9,500円の違約金

 

マンションタイプ:1,500円の違約金

 

 

自動更新のため、更新月以外で解約すると、違約金がかかってしまいます。

 

(2)プロバイダの違約金

 

プロバイダによって違約金がかかる金額や条件は違います。

 

 

 

工事費の残り

 

工事費は、30ヶ月の分割で払っていますが、途中で解約した場合は、残額が請求されます。
例えば、2年(24ヶ月)で解約した場合は、700(円/月)×6ヶ月=4,200円が請求されます。
30ヶ月以上で解約した場合は、請求されません。

 

フレッツ光お得な解約

工事費は、分割なので続けても請求されるので、どうしようもないですが、違約金に関してはできるだけ少なくするには、
(1)にねん割の違約金24ヶ月が一番解約には一番です。
(2)プロバイダの違約金はプロバイダ次第なので、タイミングが重要になります。(例えば、So-netなどはいつやめても違約金がかかりません)

 

固定電話基本料金や、プロバイダ料などは、日割りにならないため、月末解約がおススメです。